気球を動かし爆弾で攻撃するレトロゲーム「パイオニアバルーン」1982 - アーケードゲーム・歴史(レトロ寄り・画像あり)

気球を動かし爆弾で攻撃するレトロゲーム「パイオニアバルーン」1982



パイオニアバルーン

横スクロールシューティングゲーム
1982年
S.N.K.(新日本企画)


pioneerballoon1.gif


自機は気球。
目的地までの強制横スクロールで現れてくる障害物(鳥)や地上からの攻撃を避けながら、
3連発できる爆弾を落下させて撃破し、ゴールまでたどり着き着地すると面クリアー。


ステージは
1・幌馬車(矢を放ってくる)
2・原人(ブーメランらしきものを放ってくる)
3・ゴリラ(ヤシの実をとばしてくる)
4・竜巻(上昇してくる 撃破不能なのでひたすらよける)
5・戦車(馬がひくタイプ、砲弾を放ってくる)
6・鳥を避けつつ、着地
以降繰り返し。


pioneerballoon2.gif

pioneerballoon3.gif

pioneerballoon4.gif

pioneerballoon5.gif

pioneerballoon6.gif

pioneerballoon7.gif

pioneerballoon8.gif





真下に爆弾を落とすシューティングも珍しかった




私、個人的にハマったシューティングなのですが、
世間ではそれほど騒がれていなかったようで、
いつのまにか1回30円の「二流扱い」コーナーに配置かえさせられていました。


1回30円は私にとって好都合でガンガン遊びましたね。


当時もやはりシューティング=上方向や横方向へミサイルを撃つ、てのが定番で、
真下に爆弾を落とすのみが攻撃ボタン、ていうのは珍しい&それゆえに、
敵をガンガン撃ち落とす爽快感が薄かったのかもしれません。



≪Top にもどる≫

【スクロール型シューティングの最新記事】
ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。